スケジュールの共有で業務の円滑化を

自分ひとりで仕事をしている場合や、単独での作業が業務の中心となっている場合はともかく、会社における殆どの業務は他の会社や他の部署、そして同僚達と多くの他人と関わり合いを持って進んでいるものです。
前後の工程によって作業を開始する時間が左右されることの多い製造過程は当然、会社の管理部門であっても全社員のスケジュールを把握していなければ業務に支障をきたしてしまう場合も多いのです。



そしてこれは営業部門に関しても同様のことが言えます。



個人の営業力が営業成績に直接反映されるような場合であっても、互いにスケジュールを全く把握していなければ、万一の体調不良などによる応援は不可能、更には急なアクシデントに対する問い合わせなどによる対応も、事務所に残った人間がスケジュールを把握していなければ、即時の返答をする事もできず、取引先に対して迷惑を掛けてしまう場合も出てきてしまうでしょう。
勿論、こんなことが月に何度も有るわけではないでしょうが、受けた迷惑はいつまでも記憶に残ってしまうものなのです。

このような事態を回避するためにも、そして、取り組んでいる業務を円滑に進める為にも、同じ作業に取り組んでいる人達の間は勿論、せめて自分の所属する部署の間ではスケジュールの共有を行っていく事が必要なのです。

All About情報探しならこちらをご確認下さい。

営業職であれば訪問先や訪問時間を、そして、多くの会社が同時進行で作業を進める大きな作業現場においては携わる人全てがスケジュールの共有を果たしておく事で業務を円滑に進めることが可能になるのです。