社内のスケジュールを共有する

土日祝日が休みという、週休二日の企業では他人のスケジュールを気にする必要はありません。



しかし近年グローバル化が進み、得意先が海外との取引で365日稼働という企業も増えて来ました。そんな場合、交代勤務が必要となり社内で社員全員のスケジュールの共有が必然的に必要になってくるのです。


では、どうやってスケジュール管理をするかという問題になるでしょう。


予定を組んで、印刷して出しておいても臨機応変に動いている内に意味の無い印刷物になっていきます。

結果的に、担当者を捕まえる為に電話を掛けたり、得意先に待って貰うなどという経験がある方も多いでしょう。

急ぎでなければ、それでも良いのですが場合によってはチャンスを逃す事にもなりかねません。

では、損失を出さない為のスケジュール管理はどうしたらよいでしょうか。


現在では、インターネットという便利な技術が存在します。

最近増えているのが、グループ内でのシェアーシステムを開発するサービスです。Googleなどの無料のシェアースペースを利用する事も出来ますが、セキュリティーの関係で無料のスペースを利用するのはマイナスで有ることは間違い無いでしょう。



そう言うことから、企業向けの共有システムを有料で申し込み利用する事が最も安心かつ確実と言えるでしょう。

All About情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

スケジュールだけでなく、現在進行中の資料も共有出来る上にリアルタイムで変更がでてきた場合でも瞬時に社内で周知できるという安心感を買う事が出来るのです。