ビジネスでスケジュールを共有する意味とは

最近はITツールが多くの企業で普及しています。


多くはさまざまな情報共有がそのツールの上でなされていますが、特にスケジュールの共有は業務の効率化に大きく貢献していると言われています。



一見、他人に自分の予定を見せるだけのようにも考えられるものですが、この機能が大きな意味を持っているのです。


現代のビジネスでは、スピードが命と言われています。

その為、決定権の有る人物の決済をどれだけ早く取付けるかが商談における勝負の分かれ目となることも少なくありません。



顧客の側も多少価格が安いとかサービスが良いとかという理由よりも、どれだけ迅速に決済や判断をしてくれるかを見て決めるというところも少なくないのです。

そのような状況に於いて、上司のスケジュールが分からないので決済の約束が出来ない、というのではあてにならないと思われてしまうものです。


出来るだけ決済を早く行うためには上司のスケジュールを把握し、上司の開いている時間を上手に利用して決済を行ってもらう、もしくは上司の予定を迅速に抑えて客先への動向をお願いする、といった対応が必要になります。

All Aboutの総合案内サイトです。

また、そのような迅速な対応を行える担当者を顧客は頼りになると思うものです。その為、ITツールを使用してスケジュール共有を行うことは単に上司や部下の予定を確認するだけの物ではなく、自分の商談を成功させるために利用するという意味で非常に便利なツールです。また上司の予定を抑えたりすることもできるので、上司を巻き込んだ効果的な商談などが迅速に出来る様になるのです。